Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 30日

スリット鉢と普通の鉢の根の張り方の違い

昨日スリット鉢についてのコメントを頂きました。

普通の鉢に植えたのと、どんな違いがあるのでしょうか?

さて、↓の写真、どれがスリット鉢に植えていた苗でしょう?
d0096422_13165520.jpg

正解は真ん中の苗です。

↓この苗はテラコッタ鉢に植えていました。
根がすでにサークリング現象をおこし始めています。

※サークリング現象
鉢の中で行き場を失った根が、鉢の壁面に沿って延伸し、結果的にらせん状にぐるぐると鉢の中を回ってしまう現象のことを言う。根は枝分かれしにくくなるため、種によっては木質化する。根詰まりの典型的な状態のひとつであり、鉢内の用土の使用効率を大幅に低下させる。


d0096422_1319397.jpg

↓こちらは、普通のプラスチック鉢。
小さいひげ根は少なく、根が太くなっています。
根が木質化しているのが見て取れます。
d0096422_13212389.jpg

土をふるってみると、その違いは顕著ですね。
d0096422_13491433.jpg

なんてスリット鉢を称賛しながらも、昨日アップのERのグレイスはファイバークレイ製鉢に植え替えたんですよ。
スーザン・ウィリアムズ=エリスは10号スリット鉢に。
d0096422_13511823.jpg

雪がやっと解けたので、遅れていた寒肥を大急ぎで~

クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

by dori3636 | 2013-01-30 13:56 | バラ


<< ラティスの設置by冬眠中だった夫      スリット鉢で丸2年の根の状態@... >>