Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 13日

腎臓内科医師の逮捕に衝撃!&暴れるマダム

昨日、透析患者及びその家族にとって、とってもショックなニュースが飛び込んできました。

東京町田市の某クリニック所長で腎臓内科医(49歳)が、
透析中の患者のチューブを抜き、殺そうとして殺人未遂容疑で逮捕されたのです。

チューブを抜いたらどうなる?

透析の現場を知らないとこんな疑問がわきますよね。

抜くと、、、、
噴水のように血液が飛び出して、たちまち出血多量で命を落とすことになりかねないのです。

逮捕されたのがその病院の透析医療現場の医師だった事に驚きと恐怖を感じました。

「 誰でもいいから人を殺して死刑になりたかった。」

と自ら出頭したその医師は言っているそうです。
患者さんがチューブを抜かれた事に気づき、周りのスタッフが対応して事なきを得ましたが、
透析中には眠っている患者さんも多いので、
もし気づくのが遅れていたら、、、とゾッとします。

夫は週3回の透析治療を受けていますが、
旅行などの場合は、担当医から現地の病院を手配してもらって透析を受けることはできます。
しかし、このような事件が起きると、
見知らぬ土地、見知らぬ病院での透析は、今まで以上のプレッシャーを感じてしまいます。

嫌な事件でした。

056.gif

さて5月に美しく咲いてくれた、マダム・アルフレッド・キャりエールでしたが、
な、なんともお転婆マダムです!
ビュンビュン枝が伸びています。
d0096422_1403986.jpg

手前で又咲き出したカクテルが、おしとやかにさえ見えますね。
d0096422_142275.jpg


009.gif

喜んでいいんだか、どうだか、、、、

先日、クレマチスのホワイト・プリンス・チャールズが枯れたと記事に書きました。
本当にがっかりしてしまって、
未練タラタラで、仕方なく又春日井園芸さんから取り寄せました。

ついでにブルーのプリンス・チャールズ、マダム・ジュリアン・コレボンの白品種(写真右端)、
それからアヴァン・ギャルドも奮発しました。
d0096422_1463067.jpg

昨日届いてニコニコしていたら、

なんてこと! 

あんた、生きてたのぉ~~~~?
枯れたと思って捨てようとしていた鉢をよ~く見ると、
芽が出始めていました!
d0096422_14132398.jpg

強いチャールズでした。
目出度し、目出度し。


1日1回クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


by dori3636 | 2014-06-13 14:26 | クレマチス


<< コーネリアが爆咲き!(笑)      赤いつるアンクル・ウォルター >>