Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 08日

私も美しい塵になりたい、、、、(私の身じまい)

1月5日朝刊に載った宝島社の広告はインパクトのあるものでした。
d0096422_16345780.jpg

今の私にはとても心地よく、心に馴染むものでした。
d0096422_16381082.jpg

、、、ひとつひとつの欲を手放して、
身じまいをしていきたいと思うのです。、、、、


樹木希林さんのお気持ちなのでしょうか。
今同じ気持で生きています。
中々書けなかったけれど、未破裂動脈瘤がまだ存在していて、
詳しい検査の結果、かなり大きい事がわかりました。

なぜ、A市民病院で見落とされたのか、現在の主治医も首をひねるばかりです。
マックスに近い回復と入院していた病院の医師にも言われ、
他に動脈瘤は存在しないとも言われ、
こんな元気なくも膜下出血患者は見たことない、、、とまで言われました。

なぜまだ存在する大きな動脈瘤を「ない」という事にして(!?)、手術を終えたのでしょう?

執刀医は私の手術後ずっとお休みし、そして辞めて行きました。
主治医代行となった、執刀医の上司の主任脳外科部長も退院後すぐに辞め、
その後主治医になってくれた医師も辞め、
その後赴任して私の主治医になった、新主任脳外科部長も、年末には辞めて行ったのだとか。

この半年で、この公立病院で私の主治医になった4人の医師はすべて辞めて行きました。
いったいなぜ?

このA市民病院脳外科に不信感を抱いた私は転院を申し入れ、
やっと信頼できる医師に出会いました。
そして見つかった「ほっとけない大きさ」の未破裂動脈瘤。

再手術かどうかは、大学病院を受診して決まりそうです。

とっくに覚悟はできてしまった。

今年はじめての買い物は、このエンディングノート。
d0096422_1744845.jpg

これから少しずつ記入していきます。
貯金なんてないけど~。
d0096422_1752339.jpg

そんな状態なのに、どうしてバラ作業を熱心にしているの?

みなさんはとても不思議に思われることでしょうね。

それは~、、、、、

もう今年のバラが最後かもしれない、、、、
なんて思ったりするからです。
もし、本当に、もし、
私が急にいなくなってしまったら、
身内で私のお庭に集まって、
美しく咲いたバラを眺めながら、私の事を思い出して欲しいから。

でも、私にはまだ「運」が残っているらしいから、
又復活するでしょうけど。
これからも生きるための身じまいなのです。

人は必ず死ぬというのに。

 長生きを叶える技術ばかりが進歩して

 なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

 死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

 ひとつひとつの欲を手放して、

 身じまいをしていきたいと思うのです。

 人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。

 それが、私の最後の欲なのです。 
 (宝島社)
 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 
                      

by dori3636 | 2016-01-08 17:38 | くも膜下出血&未破裂動脈瘤


<< 最大の難物、バーゴラのロココの...      できた!アーチのグラハム・トー... >>