Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 21日

「離れなさい、、、」の意味

昨日夫婦揃って近くの脳外科を受診した。

私は血液検査やレントゲン検査、尿検査を受けたのだが、
心肥大や血尿を指摘され落ち込んでしまった。
いずれも今すぐどうこうと言うわけではなさそうだが、不安を抱え込んでしまう。

もっと衝撃を受けたのは、

今のままだと、共倒れになりかねません。
ご主人から離れなさい。離れなくてはいけません!


そう言われた事。
詳しいことは辛すぎて書けないけれど、
具体的に提示されたのは、

・夫には土日はショートステイを毎週利用してもらう
・その他の透析日以外はデイサービスに行ってもらう

ということ。

なおも、

一緒にいてはいけません。

、、、、。 そんな事、かわいそうで、、

と言う私に、

そんな風に思ってはいけません!

放心状態で病院を後にした。
確かに、確かに私の心は疲れ果てている。
絶望の淵をさまよっている。
熟練しているこのかかりつけ医の言うことは的を射ているのかもしれない。

そんな日が嫌でも来る事は承知している。
でも急すぎた。
答えが出せないまま朝を迎え、
夫は何かを察してか、ことさら明るく「おはよう!」と張りのある声で挨拶してくれた。

昨晩、姉と色々話して、少しいつもの自分を取り戻した私は、
良くないことだが、

何とかなる、うまくやれる、ケセラセラ。

そう思いたい自分を、
悲しく眺めているもう一人の自分がいたりする。

056.gif007.gif

一ヶ月前にバラのトゲが刺さって抜けなくて、やがて化膿してしまった。
右小指の付け根。
非情な昨日の脳外科医は、帰り際にその小指を見て私をベッドに寝かせて、看護師二人に体を抑えさせて、
心がへこんだ私の荒療治を。

このままだと危ないですよ! かなり痛いけど我慢してね。


と言いつつ、掘り起こしてやっとトゲを見つけ抜いてくれた。
直に膿を絞ったり、ジョリジョリトゲを掘ったりするのはかなり痛くて大変だった。
一ヶ月で相当深く食い込んでいたようだ。
バラのトゲの怖さを思い知った瞬間でもあったけど、
この医師の優しさを知ったりもした。

どのバラが私を刺したのだ?
アイスバーグか?
d0096422_954789.jpg

d0096422_9545467.jpg

d0096422_9551125.jpg

それとも、このプリンセス?(プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント)
d0096422_957686.jpg

まさかグレイス?
d0096422_9562574.jpg

それともトゲの鋭いピース?
d0096422_958113.jpg

ピースの枝変わりのクローネンブルグ?
凄いトゲだもんね。
d0096422_9585577.jpg

今朝もきれいに咲いているけど、素手で何気に枝を折ったりする時が一番危ない。

♪ かわいい顔してあの子、わりとやるもんだねと~~♪    

あれれ、鼻歌出てきたよ。
ありがとう、ぐちを聞いてくれたみなさん。


1日1回クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

by dori3636 | 2016-10-21 10:35


<< 106歳の大往生      ブライダル・ピンクとブライダル... >>