Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:家族・友人( 90 )


2018年 09月 02日

近況報告

大忙しだった夏も終わりです。

夫の度重なる入院・手術のために泊まり込みで看病した日々、
広島を襲った豪雨被害にオロオロした日々、
7月の終わりには頼りにしていた義兄を亡くし、茫然自失の日々。

カミキリムシの被害で枯れたり、
枯れそうだったりのバラたちを悲しく眺めながら、
人間様ファーストの夏でした。

そんな中、
とても嬉しい事もありました。
8月の暑い暑い最中に、次男に待望の女の子が誕生したのです。

お盆が過ぎて、お嫁さんの実家まで会いに行ってきました。
今年日本一の暑さを記録した埼玉県熊谷市のお隣、行田市までは~るばる。
猛烈な暑さを恐れていたのですが、
8月18日は奇跡的な涼しさでした。

             熊谷駅のスイカの階段↓

d0096422_09070335.jpg
長男一家も合流して、久しぶりに家族が揃いました。
(おっと!、夫はショートステイでお留守番でした!)

生後10日、        
d0096422_09173109.jpg
          
d0096422_09210458.jpg
大変な夏ではありましたが、
心にほんわかと明かりが灯った赤ちゃん誕生でした。

今朝の涼しさにホッと一息。
しかし、厳しい介護の日々は続きます。
バラを育てるのに一生懸命だった日々が、遠い事のように思われます。

以上、
ご無沙汰のお詫びと、
元気で頑張っているご報告まで。
みなさまもどうぞご自愛ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ



by dori3636 | 2018-09-02 09:40 | 家族・友人
2018年 05月 11日

夫のいのち、バラのいのち

5月1日、夫が救急搬送されました。
デイサービスで透析用のシャントから大出血したのです。
とても冷静かつ的確な対処をして頂き、大事には至りませんでした。
当日には出血して使い物にならなくなったシャントの手術、
翌日は別の腕に新たなシャントを作る手術を受けたのです。

私は泊まり込みで退院までの日々をずっと付き添いました。
最初の3日間程はほとんど眠らずの看病でしたが、
体力が限界に近づいたら、良くしたもので知らないうちに眠っていました。

輸血をしてもらったり、
点滴を受けたりで、
お陰様で夫は順調に回復、退院することができました。

当初は2~4週間の入院との事だったので、私の体力が持つだろうかと不安もありました。
主治医が「もう限界に近そうですね」と私を気遣ってくださり、
抜糸や点滴等の処置を、いつも透析しているクリニックで施してもらえるよう手配して下さいました。

8日間の入院でしたが、
夫の状態が落ち着くににつれて、心配したのが鉢バラの容態(笑)。
夫が入院先の病院で透析中に大急ぎで帰宅し、
洗濯したり、必要なものを整えたり、鉢植えのバラやクレマチスに水やりしたり。
苦肉の策ですが、濡らした新聞紙をすべての鉢にこのように↓。
d0096422_13070351.jpg
バラにも。
d0096422_13095171.jpg
幸いな事に2日間雨が降り続きました。
退院した日、疲れ果てて帰宅すると、鉢のグレイス(ER)が元気に出迎えてくれました。
d0096422_13434629.jpg
d0096422_13442297.jpg
嬉しくていっぺんに疲れが吹き飛びました。
小鉢のエグランタインも何とか無事でした。
d0096422_13472434.jpg
一時帰宅した時、咲き始めていたつるバター・スコッチは、
d0096422_13575037.jpg
帰宅した日はもう満開でした!
d0096422_14035054.jpg
入院前日の庭はこんなだったのに、
d0096422_17325860.jpg
賑やかな庭になってきました!
d0096422_17341832.jpg
相変わらず忙しい日々ですが、
お陰様で疲れもすっかり取れて、美しいバラの季節を楽しんでおります。
ブログの更新も頑張ります。

1日1回クリックしてくださると嬉しいです。



by dori3636 | 2018-05-11 17:48 | 家族・友人
2017年 04月 09日

百合子さんのスイセンが咲いて、、、

3月は大切な人たちとお別れした月でした。

百合子さんの突然の訃報は、
今生かされている自分自身への「恐れ」のようなものを抱いて、
悲しいなどという言葉では片付けられない複雑な気持ちに苦しみました。

同い年の百合子さんは、50歳を前にして私のピアノの生徒になりました。
旦那さんは単身赴任中、子供もいない、、、
そんな環境の彼女は様々な事に好奇心いっぱいの活動的な人でした。

ある日、
レッスンにやって来た彼女が玄関先にドサッとスイセンの球根を置いて行きました。
あちこちに植えたそのスイセンは今年も咲いています。
d0096422_914611.jpg

その日の百合子さん、
午前中はスポーツセンターで泳ぎ、
夕方にはウオーキングをし、
多分いつもと変わりない過ごし方だったのでしょう。
夜9時を過ぎて突然苦しみだされ、救急車で運ばれました。
しかし蘇ることはなかった百合子さん。

私だって同じように救急搬送されたのに、
なんで生き残ったのだろう。
生き残った事への「恐怖」や「申し訳なさ」まで感じてしまうのです。

ピアノの他にも水泳、フラダンス、英会話、トールペイント、、、、、
とにかく生き生きと人生を生きた百合子さんでした。
プレゼントされたティッシュケースは今も大切に使わせてもらっています。
d0096422_9291135.jpg

人生初めてのピアノ発表会に挑戦した日の百合子さんを懐かしく忍びながら、
庭にチラホラ咲いている百合子さんのスイセンを見ながら、彼女への想いが溢れます。
d0096422_9311816.jpg

若葉の季節になり、
バラの新芽がドンドン伸びて行く中で、
d0096422_9354217.jpg

大切な人との別れに、ついつい考え込んでしまう自分がいます。
草引きや少しの作業が心の癒やしとなっている日々です。

移植したコンテス・ドゥ・セギュール(奥のオベリスク)はやっぱり枯れたみたいです。
これも「さだめ」と思ってしまう、、、。
d0096422_9374581.jpg

少しさびしい春です。

※琉球朝顔で作っていた緑のカーテンは、クレマチスで簡素化する事にしました。

左プリンス・チャールズ、右にプリンセス・ダイアナ
d0096422_943070.jpg

左マダム・ジュリア・コレボン、右にユーリ
d0096422_9441654.jpg

もう一人、
私たちは大切な人を亡くしました。
心のダメージが大きすぎて、一ヶ月が過ぎたのに動揺が治まりません。
見送ることが多くなる年齢になってしまったのですね、、、

バラの様子を眺めたり、
草花をめでたり、
心静かに今をやり過ごしたいです。


1日1回クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

by dori3636 | 2017-04-09 10:07 | 家族・友人
2017年 01月 05日

ネコちゃんと一緒のお正月&誘引状況

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

体調不良に悩まされた年末年始でしたが、家族の支えをバッチリ受けて、
無事楽しいお正月を過ごす事ができました。

今年は子猫のルーシーも加わって賑やかでした。
名前は「赤毛のアン」の作者名から孫娘が付けたのだとか。
d0096422_837469.jpg

ルーシーは長男家のネコですが、
預けようとしたネコホテルが、
「満室で相部屋しか空いていない」(笑) 
とのことで、はるばる東京から広島までやってきました。

去年結婚した次男の嫁のU子さんが「ネコアレルギー」との事なので、
長男達の部屋からは出さない事が条件になりました。
猫小屋も前もって送られてきて、
d0096422_8403859.jpg

嫌がりもせずここで眠ったりしています。
d0096422_8443550.jpg

今回はこのルーシーが主役でして、
孫娘はまるで妹が出来たように、甲斐甲斐しく世話をやいていました。
お嫁さん達に家事はすべて任せて、私はこの可愛い子猫と遊んでばかりでした。

一足早く次男夫婦が引き上げると、
ルーシーは家中を駆け回り、探検しきり。
こんな風に寛いでいたりする姿も可愛くて、可愛くて、、、。
d0096422_855114.jpg

長男一家が行ってしまって、残ったのは猫小屋だけ。
ああ、寂しい。
d0096422_914638.jpg

056.gif
さてさて、我が家のバラの誘引状況ですが、
ちっとも進んではいません。
せっせ、せっせとやっていたこれまでと違うのは、心のリハビリを兼ねているところです。
なので、のんびり、少しずつ、
時間は楽しいと思える2時間程度と決めています。

アーチのクラウン・プリンセス・マルガリータや、
d0096422_981989.jpg

突風で吹き飛んだラティスはそのままで、
自立型誘引法を参考にした、
左からストロベリー・ヒル、ウィンチェスター・キャシードラル、そしてメアリー・ローズです。
d0096422_910717.jpg

まだ体調はしゃんとせず、
ポンコツになってしまったと感じる今日このごろですが、
夫の介護の合間に、色んな楽しみを見つけて、
今年も私らしく前向きに生きて行こうと思っております。

気ままな更新ではありますが、
1日1回クリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村

by dori3636 | 2017-01-05 09:28 | 家族・友人
2016年 08月 04日

やっと復活!(緑のカーテンに囲まれて療養の日々)

7月中旬に次男の結婚式のため上京、
広島に帰るとずっと38度台の熱が続き、約2週間臥せっておりました。

ささやかな結婚式ではありましたが、やはりこみ上げるものがありました。
30をとっくに超えてしまっていた次男ですが、良縁に恵まれました。
d0096422_1318581.jpg

東京では夫の状態が極めて悪くなってしまい、
結婚式の前夜私は一睡もできず、
どうなることかと思いました。

広島に帰ってからの私は、
緑のカーテンに囲まれた室内で毎日、毎日療養生活。
d0096422_1323337.jpg

疲れと夏カゼとが重なって、随分辛い思いをしました。
↓は居間の緑のカーテン。
d0096422_1325769.jpg

最近の私には、ゆっくり本を読む暇はありませんでしたが、
寝込んでからの1周間は、一日中読書。
夫が読んだ本がたくさん転がっていたので、楽しめそうなのを。

・石田衣良 短編集を2冊
・遠藤周作 海と毒薬
・村上春樹 国境の南、太陽の西
・伊集院 静 白い声上下
・新潮45編 死ぬための生き方
・東野圭吾 赤い指
・五木寛之 こころとからだ
・曽野綾子 短編集
・宮部みゆき 魔術はささやく

今回も途中で挫折してしまったのが、セネカ 「人生の短さについて」。
ゴルフ仲間で知性派だったA氏からのプレゼントだったけれど、
何回挑戦しても、途中でギブアップしてしまう。
プレゼント者のA氏は諏訪湖のほとりに移住してしまって、読後感を聞かれないのは助かるけれど、、、。
私には睡眠薬の役割しか果たさなかった、、、、。

寝込んで1週間程で熱は下がったものの、
体のだるさや、咳や痰に悩まされました。

こんな時は鉢バラの水やりも一苦労。
早朝這うようにして起き上がり、何とか水やりをするけれど、
たったそれだけで、終えるとドサ~ッとベッドに倒れ込むのでありまして、

もうバラとは遊べないのかな、、、と悲しく考えたりもしました。

しかし、
弱気になっていた私にも復活の日がやって来まして、
寝込んで15日を過ぎる頃には、体力、気力がみなぎってきて、
かわいいバラとも「ごきげんよう」が言えるようになったのです!

アブラハム・ダービーと、クレマチスはプリンセス・ダイアナ。
d0096422_1355138.jpg

ずっとほったらかしではありましたが、それでも、咲いてる。
ウェッジウッド・ローズ。
d0096422_1445360.jpg

d0096422_1465117.jpg

バラを「足手まとい」と感じてしまうほどの体調不良でしたが、
元気になってみると、「いてくれてありがとう」と思えるのですね。

お休み中にもたくさんの応援を頂きありがとうございます。
とても励みになりました。

免疫力が落ちているこの季節の「風邪」は侮っちゃ駄目ですね。
猛暑が続きます。
どうぞご自愛ください。


1日1回クリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

by dori3636 | 2016-08-04 14:28 | 家族・友人
2016年 05月 29日

トゥちゃん、お疲れ様!

夫は透析患者です。

今日はその病院の患者会(腎友会)の総会でした。
患者会に入会している人は586名。
大所帯です。

この病院で去年亡くなった腎友会の会員さんは、なんと75名だそうです。
夫は体調が悪いながらも長年役員として、
患者さんがよりよい治療が受けられるようにと頑張ってきました。

数年前からは会長として頑張ってはいましたが、
もう体力も限界でして、今日の総会を最後に役員を退くことになりました。

最後のお役目に、私も付き添いました。
物故者への黙祷のあとは、気になるトゥちゃんの挨拶です。
d0096422_15523760.jpg

無事済ませて、
この後、永年透析患者さんの表彰なども行い、
d0096422_15535095.jpg

私にも、役員のみなさんや、
患者会で雇っている二人の事務員さんから、
ねぎらいの言葉やお手紙を頂きました。

ちょっとうるうるな、
肩の荷が降りたような、
寂しいような、嬉しいような、
よくわからないけど、複雑な気持ちの日曜日でした。

とにもかくにも、
トゥちゃん、お疲れ様!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by dori3636 | 2016-05-29 16:02 | 家族・友人
2016年 03月 04日

同世代の女友達ができない私ですが、、、

なぜか同世代の、しかも女性の友人が中々できない。

若いころ、あんなに仲良しで毎日を共に過ごした同じ職場だった友人でさえ、
時が流れると、考え方も生き方も、価値観もすべてが違ってしまって、
会話がちっとも楽しくない。

ああ、私は変わってしまったんだろうか。

バラが好きな同世代の女性が、仲良くなりたいと近づいて来てくれるのだが、
少し話していると、
その人と過ごす時間が苦痛になってくる。

ああ、やっぱり駄目だ。

こうやって私は一人ぼっちを楽しむ事が多いのだ。
余計な事をほとんど言わない、静かな夫との二人暮らし、
本当の一人ぽっちになった時を思うと、「一人が好き」なんて言っていていいのだろうか。

そんな私にも、離れていても心が通う友人がいる。
まだ会った事はないけど、
心がすっと寄り添えて、同じ「匂い」がする人。

一人は札幌に、
もう一人は東広島市に暮らす。
歳の差たるや、なんと30ほどかな。
ほぼ私の娘と言っていいほどの年齢なのだ。

この人たちがいてくれることで、私の心はあったかい。
これからも生き続けて、必ず会いに行く、、、、そう決めている。
ブログは時に現実の生活では得られなかった、素晴らしい出会いをもたらしてくれる。

私にエールを送ってくれているたくさんの人たちがいることも、
今の私を元気にしてくれている。
守られている、祈られている、、、、、ありがとう。

きっと又復活できると信じて、
今日も一日。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by dori3636 | 2016-03-04 11:16 | 家族・友人
2015年 08月 17日

私のお盆

12日に家族全員が揃いました。
猛暑で大変な暑さでしたが、この日から急に暑さはおさまって、過ごしやすくなりました。

バーガンディー・アイスバーグ
d0096422_20362636.jpg

長男一家は広島に着くとデパートに直行して、夕食の買い物をしてきてくれました。
すき焼き~?と思ったのですが、お肉が普段口にできない良いお肉だったので、
おいしくお鍋を囲みました。
息子が作ったアジのナメロウも美味でした。

翌13日の夜は、96歳の義母の招待でリーガロイヤルホテル6階の中華「龍鳳」で夕食会。
d0096422_20402248.jpg

14日早朝はお墓参り。
お参りを済ませて、朝ごはんは義妹宅で。
焼き立てのパンや義弟が焼いたホットケーキでおいしく頂きました。
d0096422_20472599.jpg

この日息子たちはお出かけ。
平和学習もできたかな?(水色のワンピースが孫娘)
d0096422_20422449.jpg

お別れの夕食は、やっぱり息子夫婦が買い整えてくれて、
私はトウガンの煮つけと、たたきキュウリを作っただけでした。

15日朝にはみんなが出発して、又夫婦二人の静かな暮らしになりました。
今年の夏は息子たちの心遣いが行き届いていて、
とても楽をさせてもらいました。

それなのに、なぜか疲れています。
病気以後、体力が落ちてしまった事を嫌でも感じてしまいます。

バラの世話も気になっていますが、
水やりだけで何も。

シャンテ・ロゼ・ミサト
d0096422_20542153.jpg

しのぎやすくなってきましたが、
今頃になって夏バテ状態で、まだやる気が出てきません。

まだ少しゆっくりしようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

by dori3636 | 2015-08-17 21:20 | 家族・友人
2015年 07月 22日

私は介護ロボットですか?

今自分でできる目のテストが評判だそうです。
私もちょっとやってみました。

みなさんもいかがですか? →          iGame 無料の目のテスト

何回かやると41点の高得点! 
レーザーのような鋭い視覚です。あなたはロボットですか?、、、、 だと。

うちの家族にも私がロボットだと思っているヤツがいる。

昨日の午前中は、倉庫解体後気になっていたニュードーンやフランソワ・ジュランビルを工夫してブロック塀に這わせたり、
d0096422_1314463.jpg

まだまだ散乱しているゴミなどを片づけた。
その後は、昨日の脳外科へ夫に付き添った訳ですが。

すると腰痛がぶり返し、夕方からは動けない程痛みだしたのです。

それでも夕食を作り、
やっと座って夫婦二人の夕ご飯がはじまりました。
腰の痛みを夫に訴えると、

「自分で気を付ける以外ないだろ!」

の冷たい返事。
今の夫には人の辛さを思いやる事さえできないようです。

「ハア~? 私を世話するロボットだとでも思っている訳~?」
「私だってしんどい時も、動きたくない時もあるんだよ!」


しんどい、だるい、食欲がない、かゆい、眠れない、、、、

そんな言葉ばかり聞いている私は、逆になるべく後ろ向きの言葉を飲み込むようにして暮らしています。
その為、私は疲れ知らずで悩みナシの元気者と思われがちなのです。

さすがに嫌になってしまって、
箸を乱暴に置いて、自室に逃げ込みました。(ご飯抜き!)
それでも夫の夕食後の薬が気になって行ってみると、
食事には手を付けず、じ~~~っと考え込んでいる様子。

もうケンカさえできなくなった、、、、。

辛くなる気持ちをぐっとこらえて、
「カープが同点に追いついていたよ!」などと話題作り。
何をするのもイヤ、生きているのも辛い、、、という人を元気づける方法があったら教えてほしい。

嫌なことに外は雨。
気晴らしもできない。
それでも、ジ・アレンウィック・ローズは黙って迎えてくれる。
d0096422_13221594.jpg

ラジオ・タイムズもお久しぶり!
d0096422_13234116.jpg

サー・ジョン・ベッジャマンもずっと咲き続けている。
d0096422_1412336.jpg

あなたはロボットですか?
と言うのなら、今日はロボットのように無感情で過ごしてみましょうか。
きっと辛さもロボット並みになるよね。


1日1回クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


by dori3636 | 2015-07-22 14:29 | 家族・友人
2015年 03月 24日

パパの羽は、、、、黒いのか?

東京から嫁と孫娘が来ています。

朝食時、東京に一人残った息子について私達が話しているのを聞いていた孫娘。

「パパが羽を伸ばすってどういう事?」
「パパには羽なんてないよ~!」


私と嫁のヒロちゃんは面白がって、

「うう~ん、パパにはミーちゃんが知らない羽があるのよ。」
「ミーちゃんとママが留守の時、伸びてくる羽なの。」


「その羽は何色?」
「パパはどこに隠しているの?」


質問攻めにあってしまいました。
結局、「羽を伸ばす」って結構楽しい事だと解釈したらしく、
こんな絵を描きあげました。
d0096422_1195462.jpg

パパは飛んでます!
お金も使ってるね!
パパの羽が黒いのが怪しげではありますが、、、。
ビールをじゃんじゃん飲んで、すっごく幸せそうなのも面白い! (留守中、飲み過ぎないでね。)

ついでにこんな絵も。
d0096422_11124717.jpg

嫁と孫は二人っきりで「安佐動物公園」へ出かけて行きました。

「プチ母子家庭です。」

なんて嫁のヒロちゃんが言いつつ。
たぶん孫娘が賑やかなので、私の体調を心配してくれたようです。
NHK「朝いち」でギョウザのおいしい作り方をやっていて、
私が「食べたい!」と言ったら、
メモをして、帰りに材料を買ってきて作ってくれるんだって~。
なかなかいい嫁でしょ! (エッヘン)

056.gif

日に日に伸びているバラの新芽。

クラウン・プリンセス・マルガリータ
d0096422_11231274.jpg

ダム・ドゥ・シュノンソー
d0096422_1124736.jpg

アーチのつるピース
d0096422_11244638.jpg

コンテス・ドゥ・セギュール
d0096422_11252068.jpg

グラハム・トーマスのそっくりさん ナッティング・ハムズ・ブライト
d0096422_11262429.jpg

お庭で咲いているのはハナダイコンだけ。
d0096422_1127941.jpg


今日でお風呂工事はほぼ終わる予定です。
今夜はお風呂完成を祝ってビールで乾杯です。
私が飲めないのが残念ですけど~。


クリックしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


by dori3636 | 2015-03-24 11:38 | 家族・友人