Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 19日

HT ジュリア

育てているバラの中で大のお気に入りのバラです。
d0096422_851611.jpg

少し開くと、もうこのバラのすばらしさを予感させます。
d0096422_853214.jpg

このあたりでとりこになって・・・・
d0096422_8535446.jpg

開ききると、このバラの違う美しさに気付きます。花びらがフリルのようになって・・・・。
d0096422_8563471.jpg

開ききってもこのように美しい状態でいるハイブリッド・ティーは珍しいのではないでしょうか?散ってしまうまで美しいバラです。(女性もこのようにあらねばなりませぬ。)

けさは雨ですが、今日もこのように・・・・。人気の訳に納得ですね。
d0096422_903173.jpg


※ところで、昨日来訪されたバラを育てていらっしゃる男性の方が、「こんな煮しめたような色は嫌いじゃ」と。
その方は、バタースコッチもア・シュロップシャイア・ラドもお気に召さないようでした。
人の好みの違いは本当に面白いですね。
バラの苗を差し上げる時も、こちらがいいと思っても「押し付けになってはいけないんだな」と反省しきりです。

by dori3636 | 2010-05-19 09:14 | バラ
2010年 05月 19日

夫の作ったアクア・パッツァ

5月5日の朝日新聞の「おかず練習帳」はアクアパッツァ。
おいしそうだったので切り取って、夫に「今度作って」とお願いしていた。
昨日突然その気になったようだ。

材料   小ダイ2匹、 アサリ200g オリーブオイル ミニトマト オリーブ10個 
      ニンニク一片 イタリアンパセリ

南イタリア名物の「アクア・パッツア」は「暴れる水」という意味。

さて、出来上がったのは・・・・
アツアツをフライパンのままドカ~ンとテーブルに。(新聞にもそうかいてあるけれど・・・)
d0096422_21344222.jpg

調味料は塩だけ。トマトの酸味、アサリのうまみ、オリーブとニンニクなど「だし」の素材がおいしさを引き出して・・・・ご馳走!!!
お世辞抜きでおいしかった♪

ワインで頂いた。

小ダイに切れ目を入れる際うまくできず、写真のようにタイの形が崩れたのが失敗だったのだとか。オリーブは黒オリーブを使いたかったらしい。(あるもので間に合わせた)
盛り付けや器の工夫が出来るようになると、私はもうかなわないかもしれないわ。
「今度はうまく作るから」と言っていたが、味は最高だったよ。
又よろしくね。

by dori3636 | 2010-05-19 07:26 | 料理
2010年 05月 18日

シャンテ・ロゼ・ミサトの開花

バラ栽培家の大野耕生(おおのこうしょう)さんが、自らも大ファンの歌手渡辺美里さんに捧げたというこのバラは評判になり、品不足でなかなか手に入らないと聞いていました。

さて、このバラは・・・・・・??

5月8日 つぼみは真っ赤。
d0096422_179668.jpg

5月10日 少し膨らんだ。
d0096422_17101362.jpg

5月12日
d0096422_17105345.jpg

5月13日
d0096422_17122824.jpg

5月16日 
花の色はショッキングピンクからこんな柔らかな色に変わりました。
花びらがぎっしりでとうとう開ききらないまま終わりです。
d0096422_17132815.jpg


う~ん・・・・
少し期待はずれかもしれません。
本来の美しさを発揮できなかったのかしら?
もう一つつぼみがついているので、もう一度じっくり見てみたいですネ。

by dori3636 | 2010-05-18 17:18 | バラ
2010年 05月 18日

キャスリン・モーレーの開花



挿し木苗で取り寄せたERのキャスリン・モーレーの開花をそ~っと見守りました。
5月17日
つぼみがいよいよ開きそうです。
うすい繊細な色のピンクのつぼみはとても愛らしい様子です。
d0096422_15561223.jpg

まだ写真でしか見たことがない花への期待でわくわく、どきどきです。
d0096422_1559865.jpg

夕方にはここまで開きました。
本当にカタログで見るようなカップ咲きになるのでしょうか。
d0096422_1605215.jpg

5月18日
朝になって、すぐに花の様子を見に行きました。
ワァ~♪ うっとりするくらい美人です。
d0096422_163434.jpg

こんなにちっちゃな苗なのです。
赤ちゃん苗なのに無理やり咲かせてごめんね。少し楽しんだら切ってお部屋に飾りましょう。
d0096422_16162183.jpg
 
キャスリン・モーレー (David Austin 1990年作出)

                        ☆
悲しい事もありました。

今日は近所の94歳のおばあちゃんのお葬式でした。
喪主は96歳のおじいちゃん。
昨夜のお通夜でのおじいちゃんの挨拶に涙した人は多かった事でしょう。
「昭和10年に家内が19、私が21の時結婚しまして、75年間一緒に暮らしました。6人の子どもを立派に育て上げ、孫13人、ひ孫25人、やしゃご3人という大家族の元を作ってくれたのが家内です。・・・・・・世界一のお母ちゃんでした。生きているときには感謝の言葉も言いませんでしたが、今はありがとうの気持ちでいっぱいです。」
ご冥福をお祈り致します。

by dori3636 | 2010-05-18 16:13 | バラ
2010年 05月 17日

ア・シュロップシャイア・ラド

そもそも私がイングリッシュローズのとりこになったのはこのバラを育てた事からだ。
1996年作出直後の購入だから、我が家に来てずいぶんになる。(サカタで取り寄せ)
うどん粉病、黒点病などに悩まされてバラを育てる事に行き詰まっていた頃に出会い、こんなに美しくて丈夫、香りの良いバラがある事に感動しとりこになった。
我が家のバラの中では一番のお気に入りだ。
大好きなので、なりふりかまわずたくさん載せてしまった。

5月15日
d0096422_10205819.jpg

開き始め
d0096422_102131100.jpg

だいぶ開いた
d0096422_10221171.jpg

うつむいて咲く
d0096422_1023096.jpg

5月16日
ソフトなピーチがかったピンクがたまらない。
d0096422_10532932.jpg

5月17日
d0096422_10434558.jpg

載せた写真はすべて挿し木苗から育てたもの。
親株の接木苗は半日陰の場所にいるので、花の着き具合が少し悪い。(花数は15個位?)挿し木苗の方が、成長の様子、花の着き方、葉の具合等すべてが良い。

それにしてもこのバラを見るたびに、もっと本来の美しさを写真に残しておきたいと思ってしまう。
いいカメラも欲しいし、写真の「腕」も欲しい。

by dori3636 | 2010-05-17 10:25 | バラ
2010年 05月 16日

一日の事

やはり早起き。
こんなにいいお天気。
つるコーラルドーンもお日様を見上げている。
d0096422_21275925.jpg

けさはHTのカサノバを掘り起こした。しっかり根を張っていて重労働。
d0096422_21301527.jpg

カサノバはこんなすっきりした花。(5月13日撮影)
d0096422_21382914.jpg

掘った穴は深さ50センチ以上、直径も50センチ以上。その中に赤玉土、バーミキュライト、腐葉土、堆肥、くん炭などを入れる。
バラは野菜で言う「連作」を嫌うので(これを嫌地という)、土を入れ替える必要があるのだ。
d0096422_22191263.jpg

そこに植えたのは・・・つるアンジェラ
d0096422_21494873.jpg

うまく成長しないつるバタースコッチが期待できないので、アンジェラを立派に育てようと言う作戦なのだが・・・。カサノバはどうしようかと思案中。
                         ☆
11時から町内会の役員会に出席。
夫は透析患者の会(腎友会)の総会に出席。
                         ☆
14時からホームコースでハーフをラウンド。
                         ☆
17時から町内会費、赤十字の寄付金の集金。
ほとんど地元の農家なので、訪問するとお花の苗や野菜を下さり、全戸回る頃には荷物だらけだ。いい人達・・・・。

                         ☆
なんだか忙しい一日だった。
ゴルフは急なお誘いだったが、喜んで出かけた。パターがさっぱりだった。
自分の中で色々試してみたい打ち方があったので良い練習になった。少しゴルフも頑張ってみようという気持ちになってきたぞ~。

by dori3636 | 2010-05-16 21:31 | バラ
2010年 05月 15日

つるバタースコッチ

咲いた。
この色合いはHTのジュリアと並んで大好き。
d0096422_10464311.jpg

でも、でも・・・・
サカタから取り寄せたこのつるバラ、なかなかカタログのようにはいかない。
花をビッシリ咲かせるはずが、何年経ってもこんな調子。
d0096422_10485542.jpg

花の命も短くて、美しい時はごくわずか、すぐ散ってしまう。その点期待はずれではある。
花の色の魅惑的な美しさは、他のバラを圧倒しているけどね。

シュートもこんなに立派なのが出たのだから、来年はもう少したくさん咲いておくれ。
d0096422_10532358.jpg


by dori3636 | 2010-05-15 10:57 | バラ
2010年 05月 15日

グラハム・トーマスのそっくりさん

ナッティング・ハムズ・ブライト オールドローズ
バラ好きの人達からグラハム・トーマスと瓜二つと言われている。
花の色、黄緑色のやわらかい葉の様子・・・・本当にそっくりだ。
d0096422_103305.jpg

開ききると
d0096422_10401294.jpg

病気に弱いのはオールドローズの宿命?
ただ、黄色と白の花は虫が特に好きな色らしく、つぼみや花をやられてしまうのが悩みの種だ。

by dori3636 | 2010-05-15 10:45 | バラ
2010年 05月 14日

ER グラハム・トーマス

イングリッシュローズを初めて育てる人にはオススメのバラということで、私も10数年前に取り寄せた。RSKバラ園(岡山県)から届いた苗は、挿し木のとてもちっちゃな苗だった。
しかし、よく育ち花もよく咲いていた。
数年前に今の場所に移植してから、少し状態が悪くなってしまった。今年は回復傾向にあるけれど、まだ花も少なくポロポロ咲く程度だ。
花のすきまから見えるのは、アストラムライン(モノレール)の駅。
d0096422_1631123.jpg

花はカップ咲きで中輪。ピュアな黄色。
d0096422_16365576.jpg

                            ☆
RSKバラ園から取り寄せたバラは、今思えばすべて挿し木苗だったようだ。
ミニバラと、このグラハム・トーマスは良く育ったが、ハイブリッド・ティーはラヴ以外全く育たなかった。ラヴもシュートを発生させる訳でもなく、とても貧弱。
この経験から、挿し木でうまく育つのは、根が大量に水を吸い上げる事が出来るイングリッシュ・ローズだと言う事に気付く。
接木苗より挿し木苗の方が優秀と言われる品種もある。
我が家にある挿し木苗のイングリッシュ・ローズたちがどのような成長を見せるか、とても興味深いし、楽しみでもある。

by dori3636 | 2010-05-14 16:39 | バラ
2010年 05月 13日

山アジサイ

けさも6時から作業開始。
約2時間の作業の後、8時から夫の準備してくれた朝食を食べる。
朝食は夫の担当といつからか決まってしまった。(朝の遅い夫を待ちきれず、こちらが作る事もしばしばではあるが・・・・。)
早朝から野菜や花の世話をする私にはとてもありがたい。
       
       本日の朝食 コーヒー チーズパン オムレツ りんご ヨーグルト
 
ごちそうさま!

※夫の検査結果
胃カメラ、首から腰までのCTスキャン 検査の結果は異常なし。
ひと安心。
                         ☆

バラもアジサイも5月になっても気温が余り上がらない今年は、例年より1週間程度開花が遅れている。
深山八重紫 花の着き具合は今年も良い。
d0096422_1022227.jpg

紅テマリ 毎年よく咲く。
d0096422_1034274.jpg

クレナイ 挿し木にしてたくさん増やしたが、とても素直によく咲く良い花だ。
d0096422_1055445.jpg

剣の舞 挿し木でたくさん増やした。小さ目の可憐な花だ。
d0096422_1071850.jpg

清澄沢 なかなかうまく咲かないが、今年はこの鉢植えが優秀。
d0096422_1084286.jpg

八重白扇 気難しい花だが、今年はたくさんつぼみをつけている。
d0096422_10101461.jpg


その他、土佐の暁、伊予獅子てまり、伊予の星屑、桃姫、鉢状てまり 伊予絞り 
花吹雪などがつぼみをつけている。
今年は山アジサイも期待できるわ。

by dori3636 | 2010-05-13 10:20 | アジサイ