Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

小林未郁(こばやしみか)さん里帰りライブ

昨夜、先日書いた人食いバクテリアと闘っているスミちゃんとも同級生の教え子、小林未郁ちゃんの里帰りライブに出かけた。

初めて夫と一緒。
少し早めに家を出て、デパートで彼女へのちょっとしたプレゼントを買った。

花束をとも思ったけれど、自分の経験から言って、たくさんの花束は結構困る事が多かった。音楽会が終わった後の打ち上げでは、折角もらった花束に困って、行く先々のお店の人たちに配ったりして・・・。
音楽会の時私が頂いたプレゼントで一番うれしかったのはハンカチ。
素敵なハンカチを数枚ちっちゃな箱に入って頂いた。かさばらなくて、洒落てて、うれしかった。

そんな経験から手軽なプレゼントとしてハンカチを送ることが多くなった。
「大切な人にはハンカチは贈らない」(お別れを意味するので)そうだが、私はかれこれ30年以上もそんな事気にしないで贈っている。

前置きが長くなったが、里帰りライブの会場は本川町の音楽喫茶「ヲルガン座」。
会場に着くと、彼女のお母さんが和服姿でお出迎え。
50人も入ればいっぱいになってしまいそうなちっちゃな会場だ。
d0096422_9442539.jpg

ライブに誘った時、夫は「何を着ていったらいいんだ?」と戸惑っていたけれど、会場に入ってちょっと驚いた風。初めてだからびっくりしたんだよね。
でも、周りはなんとオジサン、オバサンがいっぱい。こんな年齢層にも人気なのね。

赤いコサージュを髪にあしらったみかちゃんが登場した。
d0096422_9524849.jpg

鍵盤楽器の確かなタッチとパンチの効いた歌声は健在だ。
自作の曲はオリエンタルな曲調の中にジャズっぽいスパイスも効いてなかなか魅力的だ。
頑固に自分の信念を貫いてきた彼女の意地も垣間見える。
13年間もピアノを教えた私としては、大いにうれしい瞬間だった。

                    060.gif
歌い手としての円熟期を迎えるにあたって、アドバイスできる事は・・・

ピアノのレッスンでも最後に求められるのはいかにPP(ピアニッシモ)が美しく奏でられるかだと思う。
歌も同じかな?
朗々と歌い上げたい気持ちをおさえて、ささやくように、語りかけるように歌う。
聞き手が息をひそめて聴き入るような歌唱法。
仕上げの段階に入った彼女に求められるのはそこかな?
その歌唱法をもっと取り入れる事によって、パンチの効いた伸びのある声が益々活きてくるのだと思う。
きちんと学んだ事は決して裏切らないよ。

                      060.gif
22歳で「島耕作の歌姫募集」でグランプリをとった彼女が歩んできた道はイバラ道だったかもしれない。
でも、一歩、一歩、確実に歩を進めている。
しかも、力強い一歩、一歩だ。
なんだかイバラ道を楽しんで歩いてきたようにも見える。輝いているよ♪

夫婦で出かけたライブは楽しいものだった。
「これからも二人で出かける機会を多く作りたい」と思った夜だった。

by dori3636 | 2010-11-29 10:36
2010年 11月 27日

夫の誕生日

今日は夫の誕生日。

昨日から「もう、年はとりたくないよ」などと言ってそれとなくアピールしてくる夫。
でも知らん顔の私。

今朝になって自分から、「今日とうとう64歳になってしまったよ」と言い出してしまった。
さも忘れていたように、「そうだったね。今日誕生日だったね」と私。
少しかわいそうだったけれど、サプライズを演出するためには仕方ない。

本当は少し前から準備していた。
息子達から1週間前にプレゼントを送るとの連絡も受けて、密かに事を運んでいたんだっ。

夕ご飯は二人だけのお誕生日会。
ささやかなご馳走を作った。夫のリクエストで今夜のお酒はワイン(赤)。

乾杯をする前にジャジャーン!とばかりに取り出した。
少し前に届いていた息子夫婦からのプレゼント。
d0096422_0223267.jpg

モンブランのボールペン、名前も刻まれているぞ!
d0096422_0244747.jpg

夫は相当感激したらしくて、ちょっと泣きそうな顔をした。

ついでに、私からのプレゼントも。
今履いているお気に入りの靴の色違い。これだと、夫にこっそり準備できた。
d0096422_0331134.jpg

息子夫婦とも電話で話して夫は上機嫌だ。
  
最近ちょっと元気がなかった夫のうれしそうな顔を見る事が出来て、私まで幸せな気持ちになった。
良い誕生日だった。

by dori3636 | 2010-11-27 23:55 | 家族・友人
2010年 11月 27日

Doriのバラ一覧

★薔薇リスト(90)  ★2015年6月10日現在

震災チャリティーローズ

KIZUNA(絆)

【作出国/作出者/作出年】フランス/ドミニク マサド/2012
【系統】中輪房咲き(フロリバンダ)
【樹高(m)】0.8-1.2m
【花弁数】90-120枚
【花径(cm)】8-10cm
【開き方】蕾は割れてくると3割開花までは通常のフロリバンダタイプ。それから次第にロゼットが巻き込む
【形状】カップアンドクォーターロゼット
【花期】四季咲き
【特性】耐病性あり
【香り】(露地)蜂蜜フルーティーからアニスそして柑橘系の残香へ(温室)アニスそして柑橘系


☆David Austin(29)

ア・シュロップシャイア・ラド  グラハム・トーマス  ウイリアム・シェークスピア2000

サマー・ソング  エグランタイン(マサコ)   ラジオタイムズ  クロッカス・ローズ  

キャスリン・モーレー  ジェーン・オースチン  ジ・アルンウィック・ローズ  イングリッシュ・ヘリテージ 

アブラハム・ダービー  ジュビリー・セレブレーション  レディ・エマ・ハミルトン 

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント  ザ・メイフラワー  サー・ジョン・ベッジャマン

スーザン・ウイリアムズ=エリス  レディー・オブ・シャーロット  ストロベリー・ヒル

グレイス クラウン・プリンセス・マルガリータ LDブレスウエイト  メアリーローズ

ウインチェスター・キャシードラル  ウエッジウッド・ローズ  ガートルード・ジェキル

ファイティング・テメレア  ジェームス・ギャルウェイ

☆Delbard (5)

シャンテ・ロゼ・ミサト  コンテス・ドゥ・セギュール ポール・セザンヌ  ギ―・サヴォア     

ダム・ドゥ・シュノンソー

☆Cowlishaw (1) 

ラプソディー・イン・ブルー 

☆ハイブリッド ティー ローズ (11)

 グランドガラ    シャルル・ド・ゴール  

ホワイトクリスマス     モダンタイムズ  ソフィアローレン  

レディー・エックス    オクラホマ  チャイコフスキー  芳純  ピース

クローネンブルグ

☆オールドローズ (9)

ケンブリッジキャッスル  タワーブリッジ  ナッティングハムズブライト  

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク  マダム・アルフレッド・キャリエール  フランソワーズ・ジュランビル

プロスペリティ  コーネリア  バレリーナ

☆つるバラ (18)

フラメンタンツ    シュネヴァルツァー  ロココ

カクテル  バタースコッチ  ピエール・ドゥ・ロンサール  ブラン・ ピエール・ドゥ・ロンサール    

アンジェラ   新雪  

ニュードーン  サハラ’98  レオナルド・ダヴィンチ  アンクル・ウォルター 

つるピース    サマースノー  春霞  ヘンデル  羽衣

☆フロリバンダ ローズ(5)

マーガレットメリル   ブライダルホワイト  ブライダルピンク  アイスバーグ バーガンディ・アイスバーグ



☆ミニバラ (11)

ライズンシャイン  マジックカローゼル  シダーカップ  藤桜  ロザリー  白レンゲ

赤レンゲ  ドミノ  スプレーロード  グリーンアイス  

名前不明1本


☆断捨離したバラ☆

ジュリア(15・6・10)

パスカリ  ブラックティー  ミッシェルメイアン  マジックハンナ  ドフトボルケ イングリッド・バーグマン  

クィーンエリザベス(HT) ランドラ  ブルームーン

サラバンド

ロイヤルサンセット レッドピース(スタンダードローズ)

ナニワノイバラ (つる) コーラルドーン(つる) ゴールデンシャワー(つる) カサノバ

ラブ

ニューヨークフォーエバー (15・6松村氏へ)

by dori3636 | 2010-11-27 06:54 | Doriの薔薇リスト90品種
2010年 11月 24日

教え子が人食いバクテリアと闘っている

17年間も(幼稚園年中~大学4年生)ピアノを教えたスミちゃんが今人食いバクテリアと闘っている。(スミちゃんは次男と同級生)

今日24日は彼女の3人目のお子さんの出産予定日だった。
ところが、元気に生まれてくるはずだった赤ちゃんは11月8日に亡くなってしまった。

8日、彼女は「寒い、寒い」と訴えて、産婦人科の病院を受診した。
医師は診察するなり、即座に救急車を要請、広島大学病院に搬送されたのだ。
しかし到着した時には赤ちゃんは既にお腹の中で息絶えていたという。

悲劇はそれだけに留まらず、彼女は2週間近く死の淵をさまよっていたのだ。
何が彼女に起こったのか?
「劇症型A群連鎖球菌感染症」、世間では人食いバクテリアとして非常に恐れられている菌に感染してしまったのだ。

この菌はきわめて短時間の間に、手足を壊死させ、それに伴うショック、多臓器不全などを併発させ、死に至る恐ろしい感染症なのだ。
12時間~24時間で死亡することが多いのだという。
初期症状が風邪の症状に似ているので、医師も診断を誤る事が多く死に至るケースが多いと聞く。

※メモ
1980年代中ごろアメリカから手足の壊死(腐っていくこと)を伴う非常に重篤な(症状のひどい)A群連鎖球菌(Streptococcus pyogenes)による疾患(病気)の発生が報告されました。その後、世界各地からA群レンサ連鎖球菌による重篤な疾患が相次いで報告されるようになりました。我が国では1994年に英国発のニュースが週刊誌に「人食いバクテリア」としてセンセーショナルに取り上げられて話題となりました。その症状は、四肢の疼痛等から始まり、数十時間以内には人食いバクテリアと言われる所以(ゆえん)である手足の壊死、それに伴うショック、多臓器不全(複数の臓器が働かなくなること)などを併発し死に至る恐ろしい疾患であり、死亡率は細菌感染症の中でも高率です。基礎疾患(元々持っていた病気)としてがん、糖尿病、肝疾患が挙げられていますが、一般に、はっきりした感染源も明らかでなく健康な30代以上(50代から60代がピーク)の男女に突然発症するのが特長です。

彼女がかかったのはその「分娩型」。
特に経産婦に多く、分娩前後の妊婦に急激な経過の感染症を起こす。
どうやらお腹にたまった羊水が、その菌にとって生息しやすい環境らしい。

医師団の必死の努力で、なんとか一命は取り留めた模様。
肝臓の状態もやや改善してきたし、人工透析装置もやっと外れたと聞いた。
2度の手術にも耐え頑張りぬいてくれた。
娘さんが壮絶な生への闘いをしている時、彼女のご家族は亡くなった赤ちゃんのお葬式をされた。
どんなに辛く大変だったことか・・・。

赤ちゃんは男の子で貴幹(あつき)ちゃんと名付けられた。

彼女の命が助かったのには、いくつもの良いめぐり合わせがあったと聞いた。
・まず、かかりつけの産婦人科の医師がすぐに大学病院に搬送してくれた事。
(この医院では私も子ども達を出産している)
・彼女は松江に住んでいるが、出産を控えて広島の実家に帰っていたこと。
・医師団の正しく早い診断で治療が適切だった事。などなど・・・。

何か一つでも歯車が狂っていたら、スミちゃんもこの世にはいなかった事だろう。

命は助かったようだが、この病気の予後はどうなのだろう。
心配はつきない。
二人の坊やのためにも、元の元気なスミちゃんに一日もはやく戻ってくれますように。

by dori3636 | 2010-11-24 16:50
2010年 11月 23日

開場記念杯@戸山カンツリークラブ

最近すっかりゴルフに対する気持ちが冷めてしまっています。
あんまり努力しなくなってしまいました。もちろんスコアもガタガタ。
きっぱりとやめてしまってバラに専念しようか・・・などと思ったりもします。

そんな迷いの中、今日は戸山カンツリーに行ってきました。
開場記念杯は私達ゴルファーにとってはお祭りみたいなもの。
クラブ側は日ごろのご愛顧に感謝して精一杯のお料理でのおもてなしです。

d0096422_189073.jpg

先日ホームコースでの開場記念杯の料理の貧相さにガッカリしてしまいましたので、このお料理にはすっかりうれしくなって、食べる、食べる。
圧巻はやはり、牛のサーロインステーキ。最高のサーロインだったので、私たちはなりふりかまわずガッツガッツ食べてしまいました。
それが、いくら食べてもおいしくって、うんざりしない程の特上ステーキ。焼き方はレアーで、とろけるようなお味でした。

箸休めにはこの酢の物。あっさりしておいしかった~。
d0096422_18151010.jpg

d0096422_1816477.jpg

この他、お刺身や、そば、カレー、炊き込み御飯、ケーキやフルーツ・・・・・。
(食べるのが忙しくて、写真には撮りきれませんでした)
お昼休憩は1時間程度あったので、ビールもしっかり頂いて、すっかり楽しくなりました。

今日ご一緒して下さったのは、練習場のお仲間。この一年間お世話になりました。
お祭りにふさわしく、全員そこそこに叩きました。
ダブルペリアということなので、気にしない、気にしない。

ゴルフやめる?
できっこないか。

by dori3636 | 2010-11-23 18:32 | ゴルフ&トレーニング
2010年 11月 20日

イングリッシュローズ裸苗の植付け②

朝は寒かったけれど、日中は日差しがたっぷりで暖かでした。
ポカポカと気持ちが良いので一日中外で過ごしました。といっても、畑の草引き、そしてバラの植付け。

イングリッシュローズの裸苗は一晩このようにお水につけて置きました。
d0096422_1649289.jpg

根にしっかりお水を含んだ所で10号スリット鉢に植え込みました。
用土は赤玉土6、バーミキュライト4の割合に。
思ったより苗はしっかりしていたので、10号鉢でも接ぎめの部分がたっぷり出ています。
d0096422_16582529.jpg

ストロベリー・ヒル
d0096422_16591045.jpg

レディー・オブ・シャーロット
d0096422_171667.jpg

スーザン・ウイリアムズ=エリス
この苗は2010年作出なので一番高かったんです。なのに一番ヒョロヒョロしているわ。
d0096422_1733474.jpg


用土代&鉢代、バラ苗代・・・・大変だ~。
お金の計算していたら少し憂鬱になってきます。
う~ん、枯れませんように。

by dori3636 | 2010-11-20 17:16 | バラ
2010年 11月 20日

イングリッシュローズ裸苗の植付け①

6月頃に予約していたイングリッシュローズの裸苗が昨晩届いた。
David Ausutin社に予約中だったバラだが思ったより早く手に入った。

裸苗を取り寄せるのは初めてだったので、予約後少し後悔したりもしたのだが・・・。
こんな簡単な梱包、この中に3本の苗が入っているはず。
d0096422_9423025.jpg

開くと、
d0096422_944518.jpg

      スーザン・ウイリアムズ=エリス
      レディー・オブ・シャーロット
      ストロベリー・ヒル


3本で支払った金額16,000円弱。きちんと育てられるかどうか不安になってしまった。
夫には内緒!と思っていたけれど、今朝になって金額を告白(?)すると、ちょっと呆れ顔だ。

でもね、私はアナタのようにタバコも吸わないし、晩酌も土日だけだよ。

そんな言い訳しつつ、今日はこのバラ達を植え込みデス!

by dori3636 | 2010-11-20 09:54 | バラ
2010年 11月 12日

諏訪湖のほとりで暮らすという選択

ゴルフ仲間のA氏から留守電が入っていた。

「引越しする事になりました。14日の月例には参加しますので詳しくはその時」。

A氏は半年前まで私達のゴルフクラブでもトップレベルを維持するすばらしいプレイヤーだった。
彼のデータゴルフには、私も傾倒していたので学ぶ事は多かったし、その知的な人柄にも好感が持てた。
クラブシニアチャンピオン、理事長杯など輝かしいタイトル保持者でもある。
その彼が、5月の県シニアの予選で難しいライからガッツンと打って左手中指を骨折以来ゴルフから遠ざかっていて心配していたのだ。

電話してみると、「諏訪湖のほとりに移り住む」と言う。

詳しい事情はわからないが、彼は目下一人暮らし。(お子さんやお孫さんはいるらしい)
「一人ほど楽しい事はない」と常々話していた。

友人がいる諏訪湖のほとりで、ワカサギ釣りや農業をして暮らすのだという。
彼はゴルフの他に釣りも大好きな趣味らしかった。
「3ヶ月は完全にゴルフが出来なくなる土地だよ」とも言っていた。
住んでいた3LDKのマンションはもう売却したのだそうだ。

急に飛び込んできたこのニュース(?)に私は少なからず衝撃を受けた。
年と共にしぼんで行くゴルフとの付き合い方を模索している自分にとっては、まさに「ガーン!」という一撃を食らった感じ。
左手の負傷以来、もうトップレベルのゴルフを維持するのは大変と思ったり、完全燃焼したと納得できたりもしたのかな?
彼の選択を潔いとも羨ましいとも思えたのだ。

私にとっては諏訪湖は懐かしい場所。
大昔、夫と諏訪湖のまん前にある「諏訪湖ホテル」に宿泊した事があった。
夫は飲みすぎてホテルの階段から転落。休日のその日、ホテルの支配人に隣の岡谷市にある病院まで運んでいただき、松葉杖で帰路に就いたことがあった。
(動きが取れなくなった私達は、諏訪湖ホテルに連泊を余儀なくされたのだった。)
支配人は軍隊時代広島に配属されたそうで、とても親切にして下さった。
帰広後、お礼状と広島菜漬けをホテルに送ると、支配人から又丁寧な礼状が届いた。
「感謝の手紙を従業員室に貼って、おもてなしの心の啓蒙資料にしました」
とも記されていた。

諏訪湖かぁ~。
もう一度夫と旅して見たい土地だ。

by dori3636 | 2010-11-12 08:47 | 家族・友人
2010年 11月 09日

40年ぶりの同窓会

先週の土曜日、夫は大学を卒業して約40年ぶりの同窓会に出かけた。
彼は理学部物理学科を卒業している。
私達の受験生時代は高度成長期とあって、工学部が花形。
理学部は湯川博士のノーベル賞受賞の影響で、目指す人が多くこれまた難関の学部だった。
医学部は今程の偏差値ではなく、工学部や理学部の方が難しい時代だったのだ。

私の大学時代は、特に理学部の物理学科や数学科の学生に対しては「頭の切れる人」として一目置いていたのだが・・・。
(その物理学科出身の夫と結婚して、彼を「切れ者」と感じた事はあんまりなかったけれど。)

透析導入から8年になる夫は当初出席を渋っていた。
体調を崩して10年以上になるので、仕事もその頃からあまり出来なくなった。
きっと卒業後立派に40年を生き抜いた同級生に会いたくない気持ちがあったのだろう。

そんな夫に
「もう、みんな今年は64歳、大半の人がリタイアしているはず。みんなが現役でバリバリ働いている頃なら会いたくない気持ちはわかるけど、今は皆同じ立場だよ。行っておいでよ。もうみんなに会うチャンスもそうあるもんじゃないよ。」
と背中を押したのは私。
夫も当時とても仲の良かった数人には会いたいようだった。

27人の物理学科の同級生のうち17名が、旧理学部校舎前に15時に集合。
理学部の校舎はレンガ造りで、戦前からの建物なので保存の動きがある。
私たちが学生の頃でさえ、少し不気味なくらいのたたずまいだった。その懐かしい校舎前での再会はどうだったのだろう?

関東、関西方面からも出席する人があり、当日はそんな人のためにホテルを幹事の方が予約してくださっていた。
流れでは「みんなとホテルに泊まってもいいかもよ」と話していたのだが。

その日が来ても夫はうれしそうではない。
少し気になったが、「行ってみたら、す~っと昔に帰って、来て良かったと思えるよ」と言って送り出した。

深夜2時に帰宅した夫。
翌日曜日も余り元気がない。
「飲みすぎた?」
「うん」

「楽しかった?」
「まあね」

夫が元気のない訳は私が一番わかっている。
せつなくなった。

大学紛争真っ只中の頃学生生活を送った私たちは、大学封鎖や学内への機動隊導入など数々の普通ではない思い出がある。その機動隊に逮捕された同級生も何人かいた。
幸運なことに私達の学科(たったの7名)はその大学封鎖で授業ができなかったころ、先生方の計らいで、教官のお宅で個別に講義を受けることが出来た。専攻が音楽という理由もあったかもしれないが恵まれていた。
それぞれの教科の教官宅で指導を受け、講義終了後は夫人の用意してくださったお茶やお菓子で談笑。
その分、教官とのつながりや同級生との絆も、他の学部の学生達よりはるかに深かったのだ。

ところが夫の物理学科はその当時はチリジリ、バラバラ。
学生運動にのめりこんでいる人は別にして、アルバイトや麻雀に精を出す学生がほとんどだったようだ。
その結果、4年で卒業した者はわずかだったのだとか。入学は一緒でも、卒業年度は別。(夫はなんと7年も在籍した!!)
チリジリ、バラバラだった分、絆も浅いのかもしれない。

夫は透析患者としてはとても元気な方で、患者さんの会のNPO法人の副理事長などに就き、会のお世話をさせていただいているが、やはり健常者とは全く違う生活を強いられている事に変わりはない。

元気いっぱいの同級生に会って淋しい気持ちになったんだろうな~。
「行っておいで」
と促したこと悪かったのかな。

by dori3636 | 2010-11-09 11:31 | 家族・友人
2010年 11月 06日

秋もよく咲く ERウイリアム・シェークスピア2000

この秋よく咲いているのがウイリアム・シェークスピア2000です。
夏に葉が黒星病にやられましたが、お花は他のイングリッシュローズに比べてよく咲いています。
<10月26日>
d0096422_8591720.jpg

d0096422_8594545.jpg

<11月2日>
d0096422_903899.jpg

<11月4日>
d0096422_913815.jpg

今日はお花が大好きだった亡母の誕生日です。
母の事を思い出しながら過ごす一日になりそうです。

by dori3636 | 2010-11-06 09:03 | バラ