Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

変形性膝関節症のためのトレーニング再開

7年前東京で暮らしていたころ突然歩けなくなった。
日常の生活にも困るようになって受診したところ膝の手術を勧められ、杏林病院に紹介状まで書いてもらった。
手術するなら広島でと思って帰省して大学の後輩の病院に行くと、ちょっと評判のスポーツクリニックを紹介された。
そこで一般的な治療が済むと、療法士が付きっきりでトレーニングをさせられた。
ほぼ毎日2時間程度こんなことを繰り返して2週間を過ぎると、不思議にもほぼ痛みは治まっていた。

その後6年間はジム等で同様なトレーニングを続けて全く痛みは感じないまでなっていたのだが、、、。

ここ1年間このトレーニングをさぼっていたら、最近痛みが出てきて歩行に支障を感じるようになってしまった。
足をかばって腰まで痛い。
しかも憂鬱な気分になって、毎日が楽しくないのだ。
まだ杖をついては歩きたくないので、トレーニングを再開することにした。

前置きが長くなったが、昨日すぐ近くのスポーツセンターへ出かけた。
d0096422_7591610.jpg

540円払ってトレーニングルームへ直行。
この広島市の施設は、65歳以上の人は利用料金が無料なので、やけに年配の人が多い。
日中はお年寄りが、夕方からは若い人たちが、、、というように時間によって利用者の年齢層が違っているのも面白い。
残念なのはマシーンなど器具や用具がもう古い事だ。
最新の設備を完備したジムの方が良いに決まっているが、何しろ車で5分もかからないのでちょこっと時間が出来たら気軽に行けるのが良い。

さて昨日のメニューは

・徒歩でスポーツセンターへ
・ストレッチ20分

・レッグエクステンション 
・レッグカール
・レッグプレス
・カーフレイズ
・レッグランジ

ついでに
・ラットプルダウン
・チェストプレス
・ダンベルアームカール
・トライセプスプレスダウン

・バイク20分
・腹筋

以上2時間のトレーニング。
膝の血行が良くなっていくのが実感できて気持ちよかった!

by dori3636 | 2011-07-31 08:22 | ゴルフ&トレーニング
2011年 07月 30日

けさのバラ

どんよりとした雲に覆われた空です。

バラはこの時期なるべく咲かせないようにしているので、お花はほとんど咲いていません。
それでも私の指ばさみの難を逃れて咲いている、いじらしくもかわいらしいバラ達がいます。

グラハム・トーマス
d0096422_1021930.jpg

ジ・アレンウイック・ローズ
d0096422_1031286.jpg

ピース
d0096422_1033937.jpg


ランドラ                              オクラホマ  
d0096422_104188.jpgd0096422_1044641.jpg











アブラハム・ダービー                       サー・ジョン・ベッジャマン
d0096422_1063510.jpgd0096422_1053580.jpg






  




つる 新雪
d0096422_1083868.jpg


最高気温は32度程度なのですが、体調が思わしくありません。
カッ!とお日様が出てくれる方が、体にはいいのかしら?

by dori3636 | 2011-07-30 10:38 | バラ
2011年 07月 29日

とれとれ野菜料理

昨夜の夕食から。

◎干し野菜料理が注目されていますが、私も作ってみました。

キュウリを天日に3時間ばかり干して
d0096422_20532238.jpg

ニンニクのみじん切りとベーコンを炒めて香りを出して、干しキュウリを入れて炒めます。
醤油、酒、コショウで味付けして出来上がり。
天日干ししたので水っぽくなくて、パリパリした食感が何ともいい感じです。
d0096422_21123427.jpg


◎義母の作ったズッキーニを使って

ズッキーニを輪切りにして、(醤油+マヨネーズ+鰹節)を混ぜて乗せてオーブントースターで焼くだけです。
d0096422_2114555.jpg

超簡単でおいしいよ♪

◎ゴーヤの佃煮
ゴーヤは大きいのを3個使いました。
さーっと茹でたゴーヤをサラダオイルで炒めた後、竹輪と削り節+だし汁+醤油+酒+みりんでグツグツ30分位煮ました。
おいしかった♪
d0096422_2115453.jpg

自家製のお野菜で作った夕食、材料費は200円位かしら。

お肉もお魚もないけれど、結構満足しました。

by dori3636 | 2011-07-29 08:36 | 料理
2011年 07月 28日

童謡「トマト」

昨日「トマトのおでん」をアップした際、子供のころ歌った「トマト」という童謡の歌詞を記憶のまま載せたのだが、これは記憶違いだった。
ブログを見た姉が「自分の記憶と違う歌詞」に気付いて正しい歌詞を教えてくれたのだ。

正しく知って噴き出してしまった。
どうやら子供のころ、自分の歌いやすいように歌詞を変えて歌っていたようなのだ。


トマト (昭和初期)

作詞 北原白秋(1885-1952) 作曲 弘田竜太郎(1892-1952)

一、麦わら帽子に トマトを入れて     三、乳屋の仔牛は ポプラの下で
  抱えて歩けば 暑いよおでこ        短いお角だ お昼寝してる
  ララ ラッタン ラッタンタン       ララ ラッタン ラッタンタン
  ララ ラッタン ラッタンタン       ララ ラッタン ラッタンタン
  
二、お日様きついよ お昼の野道      四、麦わら帽子の トマトを一つ
  乳屋は何処だか たずねて見ましょ     仔牛の頭に のっけてかえろ
  ララ ラッタン ラッタンタン       ララ ラッタン ラッタンタン
  ララ ラッタン ラッタンタン       ララ ラッタン ラッタンタン


ちなみに私の記憶の歌詞は

  麦わら帽子にトマト入れて
  帰ってみれば おつむが暑い
  タラ ラッタン ラッタンタン
  タラ ラッタン ラッタンタン

幼かった自分がこう変えたのだったら、それはそれで中々だよね~。
もう歌われることもなくなったけれど、トマトの季節になるとなぜか思い出してしまう懐かしい童謡なのだ。

作曲の弘田竜太郎の曲には、他にも

『鯉のぼり』『浜千鳥』『叱られて』『金魚の昼寝』『雨』『雀の学校』『春よこい』『靴が鳴る』

など私には忘れられない曲がたくさんある。

童謡「トマト」をきっかけに、はからずも懐かしい遠い時代を思い起こすことになった。
離れて暮らすようになってもう50年にもなる姉もこの童謡を覚えていたなんて、ちょっとウルウルするわ~。

by dori3636 | 2011-07-28 08:04
2011年 07月 27日

トマトのおでん

今朝も土砂降りの雨でした。
今年の夏はいつもと少し様子が違うみたいです。
でも涼しい~。

毎日トマトがとれて、もうホトホト困り果てています。
d0096422_2033339.jpg


トマトってかわいい名前だね
上から読んでもトマト、下から読んでもトマト

とか、

麦わら帽子にトマト入れて
帰ってみればおつむが暑い
タララッタン ラッタンタン タララッタン 
ラッタンタン

なんて歌知ってますか?

それはともかく、大量のトマトに困ってしまってニャンニャン ニャニャン!

で、昨日はトマトのおでんを作ってみました。

超簡単!
だし汁にお醤油とみりんとお塩を入れて、皮を湯むきしたトマトを丸ごとグツグツ5分煮ます。
さつま揚げも一緒にグツグツ煮ます。(ゆで卵も入れるといいですよ。)
ゆでたオクラは粗熱を取った後に入れます。  

そして、キンキンに冷たく冷やして、、、
d0096422_2041067.jpg

さっぱりおいしい!
d0096422_20413445.jpg

でも、まだまだトマト、トマト、、、、。

by dori3636 | 2011-07-27 10:25 | 料理
2011年 07月 26日

待ちに待ったシュートが@ERストロベリー・ヒル

しのぎやすい日が続いています。
夜中の寝苦しさからも解放されてよく眠れます。

涼しいので、水やりも今朝は9時を過ぎてしまいました。
それぞれのバラを観察しながらの水遣りですが、うれしい発見がありました。

裸苗で取り寄せたイングリッシュローズのストロベリー・ヒルですが、枝は伸びてきてもシュートが出る気配はありませんでした。

とこらが!
シュート発見!
d0096422_104563.jpg

脇からも元気そうな枝が出始めています。
d0096422_106242.jpg

つぼみを摘み取って咲かせないようにしたり、枝は地面に這うように倒れたままにしたり、、、、
これが良かったみたいです。
d0096422_1081136.jpg

今の時期バラのお花をほとんど見ることが出来なくて淋しいけれど、秋の開花の為には我慢、我慢。

by dori3636 | 2011-07-26 10:21 | バラ
2011年 07月 25日

購入してから5ヶ月のERメアリー・ローズ

今朝は雷のすごさにとても怖い思いをしました。
バリバリ、ドカーン!の連続で、ヒヤヒヤドキドキ。
雨も激しく降りました。

バラや野菜には有難い雨ではありました。

3月に取り寄せたメアリー・ローズの今日の様子です。
d0096422_11504413.jpg

ベーサルシュートが2本出てきて、やっとここまで伸びました。
d0096422_11513680.jpg

株の充実を図りたいので、あんまりお花は咲かせないでいます。

今のところ病気にもならず、きれいな葉の状態を保っています。

by dori3636 | 2011-07-25 11:57 | バラ
2011年 07月 24日

楽しみなER@レディー・オブ・シャーロット

暑くて眠れない夜が続いていましたが、二晩ほど心地よい気温の夜を過ごしました。

気持ちよく眠れた時は朝の目覚めも気分爽快!
早起きして2時間ほど草引き、、、の日課が戻ってきました。

バラも朝夕の水遣り&葉シャワーで元気を取り戻しています。

裸苗で購入のERレディー・オブ・シャーロットは順調に育っています。
ベーサルシュートを3本出して、ぐんぐん成長。
先日の台風で少し枝が折れてしまいましたが、それでも↓のような成長ぶりです。
d0096422_971591.jpg

つるバラとしてラティスに這わす予定ですが、このバラもとても期待できそうです。

最近取り寄せたバラの中で目覚ましい成長ぶりなのは、、、

 レディー・オブ・シャーロット (デビッド・オースチン社で購入)

 コンテス・ドゥ・セギュール  (大神ファームで購入)

 クラウン・プリンセス・マルガリータ (大神ファームで購入)

の3点。


特に大神ファームのバラ苗は届いたときの見栄え?よりもはるかに丈夫でよい苗でした。
苗の良し悪しはじっくり育ててみないと分からないもののようです。

by dori3636 | 2011-07-24 09:25 | バラ
2011年 07月 19日

ダレンクラークとミケルソンの抱擁

全英オープンゴルフは42歳のダレンクラークの優勝で幕を閉じた。
d0096422_9254876.jpg

その日リアルタイムでテレビ観戦していた私は、首位に立ったミケルソンを応援していた。
しかし彼は短いパットを外してからは、アッと言う間に首位の座を転がり落ちてしまって。

少し興味を失いそうになった私を引き付けたのが、プレイ中のダレンクラークのなんとも魅力的な笑顔だった。

彼はまさに神がかり的なゲームで優勝してしまった。

5年前に乳がんで夫人を失った彼は、乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを訴える市民運動に積極的に取り組んでいるらしい。
夫人を亡くしてから、彼女の遺志を継いでチャリティー活動に取り組み始めたのだそうだ。
解説者の話によると、二人のお子さんを育てながらのツアー参戦らしい。

そんな苦労人のクラークの優勝は本当に喜ばしい。

ミケルソンが2009年、奥さんの乳がん手術等のためしばらくゲームから遠ざかっていたのは周知の事。
d0096422_9285326.jpg


優勝を決めて引き上げてきたクラークを待ち構えていて祝福したのがミケルソン。
その光景はとても感動的なシーンだった。
乳がんと闘っている奥さんを持つミケルソンと、同じ病で奥さんを奪われたクラーク。
事情通の人ならこの二人の抱擁に、男の深い友情を感じたに違いない。

共同通信は次のように報じている

男子ゴルフ・全英オープン選手権最終日(17日、英サンドイッチ、ロイヤル・セントジョージズGC=7211ヤード、パー70)一時は首位に並んだミケルソンは失速も急だった。11番で1メートルのパーパットを「精神面から」失敗し、そこからボギーを重ねた。それでも「こんなに面白かった戦いはない。ダレンはまったくミスをしなかった」と優勝者をたたえた。

 2年前、夫人が乳がんを宣告されたミケルソン。2006年に同じ病で夫人を失ったクラークが真っ先に連絡をくれたそうで「彼ほど素晴らしい人物はいない。ダレンと戦えて本当によかった」と熱く語った。(共同)


乳がん撲滅運動に取り組む二人をこれからも応援していこう。

by dori3636 | 2011-07-19 09:35 | ゴルフ&トレーニング
2011年 07月 17日

鈴木省三先生のバラ@芳純・新雪

鈴木省三さんといえば、バラを育てている人ならご存知の方も多いでしょう。
私が先生とお呼びするのは、バラを育て始めた時の最初の教科書が鈴木先生の「バラの育て方」だったからです。
もうボロボロになるほど読みました。
d0096422_11185712.jpg

そして先生作出のバラも育てています。

HT芳純

7月17日撮影
d0096422_1123793.jpg
d0096422_11231920.jpg


つる新雪  (去年の写真)
ほとんど日の当たらない場所に植えていますが、どんどん大きくなっています。
d0096422_11241416.jpg


いまも鈴木先生の「バラの育て方」が私の大切な教科書なのです。
ゆくゆくはもう少し先生作出のバラを増やしたいと思っています。

by dori3636 | 2011-07-17 11:28 | バラ