Doriのお気に入り

dori3636.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 29日

夫の殺し文句

いつものように夫をお風呂に入れて、
着替えを手伝い、歯磨きさせて、
やっとベッドに行ってもらい、「おやすみなさい」と言ったら、

Doriの時間を全部奪ってしまって申し訳ない
すまん


と夫からの思いがけない言葉。
胸が苦しいような、せつないような、
心に迫る言葉です。
夫はこんな風にも言いいました。

こんな人間の世話は嫌だろ?

私はすぐさま、そんなの問題にしてないと思わせるために、

ぜ~んぜん!

と答えたのでした。

夫は嬉しそうに言ってくれました。

ありがとう

もう一度「おやすみなさい!」と言うと、灯りを暗くして涙を隠して勢いよく階下へ。
実は辛い日も多いし、嫌になることもあるのです。
でも、夫の言ってくれた言葉は漢方薬のようにじわじわ効いてきて、
私をとても優しい気持ちにしてくれたのです。
まさに「殺し文句」。
もっと優しく、優しく、優しく、、、、
そう思った夜でした。

今日は優しいバラを。
HTのレディー・エックス
d0096422_18104269.jpg
もう一つHTの名花ピースも。
d0096422_18125066.jpg
d0096422_18134541.jpg
5月27日、ニュー・ドーンは最後の美しさを振りまいていました。
d0096422_18185884.jpg
その後に降った雨でお花は散ってしまい、
29日にはすべて刈り込んで、こんな寂しい景色になりました。
d0096422_18242451.jpg
バラが私に元気をくれた5月。
私も元気をお返しできるように、
くじけず、いじけず、ニコニコ笑顔で暮らします。



by dori3636 | 2019-05-29 18:39 | 家族・友人
2019年 05月 27日

プリンス・チャールズとホワイト・プリンス・チャールズ

巨大石の上にクレマチスを這わせて、咲かせようとしています。
まず一輪咲いてきたのが、ホワイト・プリンス・チャールズ。
ピンクのつる春がすみとのコラボをねらって、、。
d0096422_18075841.jpg
10日後にはたくさん咲いたのですが、
もう春がすみは終わって汚くなっちゃて。残念!
d0096422_18125891.jpg
ならば、プリンス・チャールズを。
d0096422_18162645.jpg
しめしめ上手くいきそう?
白いつるバラのサマー・スノーはブッシュ仕立てにしています。
d0096422_18175965.jpg
5月25日
う~む、サマー・スノーは汚くなってきたけど、
赤のクレマチス、プリンセス・ダイアナが可愛く咲いて、
少し満足で~す♪
d0096422_18211246.jpg
クレマチスとバラとのコラボは花の時期が合わなくて、中々難しいですね。

ホワイト・プリンス・チャールズはとてもよく咲きます。
挿し木にして増やしています。
ブルーのプリンス・チャールズより挿し木は楽にできますよ。
d0096422_18271767.jpg
花数は多くて、わさわさです。
d0096422_18301158.jpg
クレマチスのカーテン
d0096422_18315822.jpg


by dori3636 | 2019-05-27 18:42
2019年 05月 25日

優秀なバラ ダム・ドゥ・シュノンソー

よく咲いて、病気にも強い、香りも良い。
育てるのは楽ちんのフレンチローズです。

右の白はアイスバーグ
d0096422_17214741.jpg
d0096422_17230196.jpg
甘い香りが漂って、ご近所さんにも「いい香り~」と評判良し!
d0096422_17251149.jpg
左の白はプロスペリティー
赤はフラメンタンツ
d0096422_17265828.jpg
毎年美しく咲いていたサハラ98は左下に少し写っていますが、
テッポウムシの被害にあって、瀕死の状態。
このあと撤去の予定です。
大好きだっただけに寂しいです。

今日の広島は30℃超え。
バラたちはヘロヘロに。
シュノンソーはこの暑さで一気におしまいに。
花がら摘みや勢いを増した雑草抜きで、大忙しになりそうです。

長く楽しんだブログ村ですが、
何だか使い勝手が悪くなりましたね。
ランキングへの興味も失せたので、バナーは外しました。
たくさんの応援をありがとうございました!


by dori3636 | 2019-05-25 17:42
2019年 05月 22日

今年のニュー・ドーンとジュランビル

ニュー・ドーン と フランソワーズ・ジュランビルが美しく咲いてくれました。
d0096422_16102624.jpg
フランソワーズ・ジュランビルはいち早く咲き出しました。
5月14日 塀の外
d0096422_16131483.jpg
5月17日
左にバレリーナも咲いています。
遅れて咲いてきたのがニュー・ドーン
d0096422_16274677.jpg
d0096422_16295536.jpg
5月19日
塀の外のニュードーンもどんどん咲いて。
d0096422_17071727.jpg
5月20日 
そろそろジュランビルは終わりますが、
d0096422_17085117.jpg
この日が一番美しかった!
d0096422_17114167.jpg
d0096422_17102395.jpg
ジュランビルは購入した苗は小さな挿し木苗でしたが、
旺盛に成長し、しかも癌腫を患っているとは思えません。

ニュー・ドーンはハラハラとすぐに散りますが、
どんどん咲いて、やや悪い環境でもよく育ちます。

お世話不足も何のその!
d0096422_17241077.jpg
楽しませてくれた2つのバラです。
d0096422_17391183.jpg



by dori3636 | 2019-05-22 17:41 | バラ
2019年 05月 20日

オルラヤの海!(大げさだけど、、)

こぼれ種からのオルラヤを放置しておいたら、
d0096422_23234659.jpg
オルラヤだらけになっちゃった!
右には羽衣が咲いています。
d0096422_12041754.jpg
実は、
5月3日には、恥ずかしながらこんな荒れた状態でした。
去年のキュウリやナスの支柱が立ったままで放置してあります。
冬の間は身も心もボロボロだったかも、、、。
d0096422_12112352.jpg
連休後半の何日間かで、バラ庭を復活させました!
すごい、すごい。
右の白っぽいのはブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール。
d0096422_12162198.jpg
花姿には似合わず、オルラヤは頑健な植物でして、
一面の畑の栄養をすべて吸い取って、大きく、大きく勝手に育っています。
d0096422_12205424.jpg
Komamesukeさんが送ってくださった種ですが、
もう種まきの必要もなく手間要らず。

「絆」もオルラヤの中に健在です。
d0096422_12270137.jpg
去年テッポウムシ被害にあったグラハム・トーマスですが(2本枯れました)、
やはりオルラヤと一緒に咲いてくれました。
d0096422_12311968.jpg
さぼったお世話を助けてくれて、庭らしくしてくれたのがオルラヤですね。
ありがとう、ありがとう。

手をかけなかったバラですが、
「満開の時にお礼肥え」と有島先生に教わったので、
罪滅ぼしに実行するとしましょう!




by dori3636 | 2019-05-20 12:40 | 花・野菜・果樹
2019年 05月 18日

今年は残念なア・シュロップシャイア・ラド

大好きなERのア・シュロップシャイア・ラドですが、
今年はちょっと残念な咲きっぷりです。

5月14日 
 ワクワク、、
d0096422_22084980.jpg
 うん?いつも程の美しさではない?
d0096422_22101254.jpg
 いつもだと惚れ惚れするほど美しいんだけど、、、
d0096422_22124290.jpg
5月16日
d0096422_22162735.jpg
 寒肥を施さなかったので、栄養失調かなぁ、、、
 栄養不足を補うための液肥もあげなかったしねぇ、、

5月18日
 残念がっているうちにそろそろ終わりに近づいちゃった~
 クレマチスが咲いてきたのは嬉しいですね。
d0096422_22253427.jpg
去年とどう違うかって?
では、去年のラドさんの美人ぶりを見てくださいね。
d0096422_22380071.jpg
d0096422_22384044.jpg
遅くても1月中までには寒肥を、
そして、3月には芽出し肥(液肥)を。
その後も時々液肥を与えるとお花は見違えるように美しく咲くはず。

わかっちゃいるけど、介護疲れでする気がしなかったの~。
マメなお世話をするとしないとの違いを実感しました。
反省、はんせい。 




by dori3636 | 2019-05-18 22:52 | バラ
2019年 05月 16日

赤いバラ(フラメンタンツ)のアーチ

丈夫で育てやすいつるバラのフラメンタンツが咲きました。

このバラは以前は倉庫に這わせて見事でした。
倉庫を解体したあとも、
ここに移植して育ててきました。

むこうに見える白はプロスペリティー。
d0096422_22253280.jpg
反対側から見ると、
こぼれ種から生えたオルラヤがた~くさん咲いています。
これでもバサバサ切ったり抜いたりして少なくしたんですよ。
d0096422_22333057.jpg
千鳥草もこぼれ種からの開花です。
白のプロスペリティーとの相性も良さそうです。
d0096422_22395975.jpg
早朝に撮ったバラたちは生き生きしていますが、
今日の暑さで夕方にはぐったり。
私も暑さについて行けず、少しぐったり。
もう少しバラにも人間様にも、心地よい気温であってほしいですね。


by dori3636 | 2019-05-16 23:03 | バラ
2019年 05月 14日

ガートルード・ジェキルが美しい♪

冬の作業を全くしないままで春を迎えてしまいました。
施肥はもうすぐ4月になろうとしている頃にパラパラと。
もうすでに新芽が伸び始めていましたが、簡単に作業をしました。

夫の介護に忙しく、バラは無理だと諦めていましたが、
やはり諦めきれないのがバラ、、、、
でした。

4月に入り夜明けが早くなって、夫が眠っている間に毎日のように作業して、
何とか格好だけはバラ庭らしくなりました。

朝起きて一番に私を喜ばせてくれるのはガートルード・ジェキル。
d0096422_21412296.jpg
気持ちがパッと華やぎます。
d0096422_21443609.jpg
d0096422_21465950.jpg
夕方5時を過ぎると、その美しさは妖艶さを増し、
d0096422_21511922.jpg
益々あでやかに。
上の方にいるファイティング・テメレア(ER)は引き立て役にすぎませんね。
d0096422_22002755.jpg
d0096422_21560095.jpg
バラの世話を怠っていた一年間、テッポウムシのおかげで(そう思うことにしています)
大好きなバラを何本も失いました。
減らす勇気がなかったのでちょうど良かった、、、、そう思うしかないです。

気ままな更新ですが、時々覗いてくださいね。





by dori3636 | 2019-05-14 22:19 | バラ